敷地勾配を逆手にとって

段々の家

難しい敷地は腕の見せ所

勾配のある敷地を活かした立体感のあるプランです。
勾配を敢えて利用したプランの為、外観も特徴のある面白みを出せたものとなっています。
漆喰の白に、銅板を回した和モダンの外観は、住宅地にあって、周りとの調和を取りつつもしっかりと個性のあるデザインに仕上げました。

  1. 設計ポイント

急斜面敷地であり、斜面を利用したスキップフロアータイプのプランを試みました。
その結果、家族の一体感を表現した贅沢なプランとなりました。
お客様のご要望で、雨水タンクを2か所設置し、環境への配慮も行っています。
子供の部屋は、手作り収納家具で仕切られており、1室としても2室としても使用できます。階段も広く、将来的にも、一番上部への移動は、リフトを設置する事で対処できます。

関連記事:

PAGE TOP