For the children smile

セントポール幼稚園様 園舎

歴史の傍に新しい光を

郡山市麓山にあるセントポール幼稚園は、訪ねる度に子供たちの元気な声が迎えてくれます。
子供たちが元気に伸び伸びと過ごせるよう建物配置を考えました。傾斜地を活かし、無駄のないプランニングとなるようにしました。

  1. 設計ポイント
  2. 歴史と共に

敷地の活用と繋がりと一体感

敷地傾斜を利用して、北側に屋内遊戯場を配置し、その遊戯場の下階を駐車場とし、屋外遊技場をなるべく広く残せるよう無駄のないレイアウトを心がけました。
道を挟んだ旧保育園は、郡山聖ペテロ聖パウロ教会となっており、入り口をその建物の方に向け、繋がりや一体感が出る様に心がけました。

隣には歴史ある境界が

園の向かいには、歴史ある『郡山聖ペテロ聖パウロ教会』があります。
大正15年に現在の場所に移転してから92年にもなる建物は、震災を物ともせず、現在も教会活動や挙式等が行われています。

目の前に立つと、荘厳な作りに圧倒されつつも、落ち着いた気持になれる建物です。

関連記事:

PAGE TOP