お役立ち情報&ブログ

要望・情報の整理が大切

初回打合せの際に計画概要・要望のヒアリングを行います。
敷地面積、家族構成、予算、必要な部屋数などの条件は必要な基本情報です。

併せて大切な情報があります。「どんな家にしたいのか」ということです。

ヒアリングの場で自分の要望を漏らさず伝えるのは難しいと思います。
自分が「どんな暮らしを実現したいのか」を家族と話し合い共通認識として事前に理解しておくことです。

そこで活用していただきたいのが、「Your self Interview Sheet」です。

本来、設計者側が用意した質問に回答するものですが、逆に自分で自前のヒアリングシートを作ることをお勧めします。

難しく考えず、思いついたイメージを自由に書き出してみることです。

…回遊性のある空間、開放感がある、どこからでも緑がみえる etc…

まずは、予算や土地条件の制約等を無視して、とにかく書き出すことが重要です。
一度書いたヒアリングシートを寝かせて、再度家族で話し合ってみてください。
他の意見が生まれ、本当に必要なもの、望むものがだんだん整理されてきます。

ヒアリングシートでの作業は、実は家づくりにおいて一番楽しいことのひとつです。

「ああしよう、こうしよう」と考えるうちに夢が広がっていきます。

いきなり用意された質問(シート)に回答するよりは、自分の思いを正確に伝える方法として活用できます。

完璧なヒアリングシートを作る必要はありません。楽しいはずの作業が苦痛になってしまいます。とにかく自分の思うように自由に作って下さい。

設計者がクライアントの要望を整理したうえで実現可能な家を設計します

大事なのは、それを互いに理解・共有することで、本当に望まれる家づくりができます。

そのために重要な役割を果たすのが「Your self Interview Sheet」です。

まっさらな「Your self Interview Sheet」を用意しましたので、是非書いてみてください。
また、情報整理のツールとして「家作り必要条件シート」もあります。

 

 

「Your self Interview Sheet」で思い切り夢を広げた後に、頭休めとしてチェックしてみてください。

私たちは、これらの情報を統合・整理して、お客様の理想の住まいを形作っていきます。

************************************************

下記フォームで同意を頂いた上で、シートをダウンロードして頂くと、今現在作成している『設計事務所が教える家作りのポイント』を出来上がり次第、お送りさせて頂きます。
家作りのポイントを設計事務所の視点からご紹介する内容ですので、家作りをこれから始めようとしている方にはピッタリの内容ですので、ご興味があれば、是非お申し込みください!
これにより、しつこい営業を行うなどは、決して行いませんので、ご安心を!

関連記事:

関連記事一覧

PAGE TOP