Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

地縄張り

先日、現在進行している住宅の地縄張りをしてもらいました。

地縄張りとは

図面におこした建物について、敷地に建物の角を杭で出し、そこに水糸を張って、建物の形配置を示す作業のことです。
但し、敷地に境界杭が設置されていることが大前提の作業になります。

地縄張りを行って確認することは、

・隣地との離隔は適切かの確認
・屋根が敷地からはみ出していないかの確認
・道路や駐車場やアプローチの動線はイメージ通りかの確認
・GL(地盤面)の高さの確認
・隣家との高さの違い
・道路との高低差
・水勾配等

などなどをお客様と共に、図面を見ながら確認する大事な作業です。

また、隣地の方にも工事が始まる前に、早めにあいさつをし、建物の位置情報を伝えておくことが、これからお付き合いするご近所さんに対する礼儀にもなります。

今回の物件の形は?

水糸を張った後の写真です。
写真では見えにくいので、水糸に沿って線を引いてみると、

今回の物件は、このような形のお家です。

地縄を張ると、実際の建物の大きさを目で見て感じられるようになるので、感慨深いものがあります。

「始まるなぁ!」と。

人によっては、図面のイメージより小さく感じられる方もいらっしゃいますが、実際に上棟まで工程が進むと、立体的な大きさが出てきて、広さのイメージも変化します。

この感覚はいつ感じても不思議なものです。

これから、地盤調査とその結果次第で、地盤改良。それと並行して、実施設計に進んでいきます。春の着工に向けて、楽しみが募りますね!

また、進捗があったらご報告させて頂きます!

PS.

『住みやすさ』や『家作りの楽しさ』を追求する為に、新しいサービスを準備中です!
ご期待ください!!

土曜日は電話対応が難しい時があります

来店予約

〇お名前 (必須)

〇メールアドレス (必須)

〇電話番号 (必須)

〇建物用途 (必須)
住宅施設店舗その他

〇建築予定地 ※土地がない場合は未記入で結構です。

〇希望日 (必須)

〇希望時間 (必須)

〇その他お問い合わせ事項

〇上記の入力内容で送信しますか?(必須)
はい

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP